トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

似非MSX

似非MSXとは

MSXというのは1983年[1]株式会社アスキーとマイクロソフトが提唱した「家庭用パソコンの統一規格」です。詳しい説明は省きますが、家庭のテレビに繋いで使うようなパソコンと思ってください。

一方、半導体技術の進歩もあり、最近は個人レベルでLSIの設計ができるようになってきました。僕は前からLSIの設計をしてみたかったので、遊びとしてMSXで使われていた20年前のLSIと同じ物を設計しています。僕はTVの画面に絵を出すLSIを作ってみたかったのでその部分を作っています。

そして、似たような事をしている何人かの仲間と共に、各自が作ったLSIを集約してMSXそのものをLSIレベルで再現してみました。それを「似非MSX」と呼んでいます。

特に大した意味があるわけではなく、「単なる遊び」です。自分たちが設計したLSIの上で昔のゲームが動いたりすると、とてもわくわくするのです。

私の使っている似非MSX-SYSTEM2

似非MSX-SYSTEMとは、設計したLSIを動作させる為のプラットフォーム(土台)となる装置です。見た目はこんなものです↓。

コネクタの説明
コネクタは左上から時計回りに以下のようになっています。
  • DCジャック(+5V DC)
  • MSX実機との接続コネクタ
    • そのすぐ下にカートリッジスロットもあり、ゲームカートリッジを差す事もできます。
  • ステレオミニジャック
    • 音源出力用
  • コンポジットビデオ出力
  • Sビデオ出力
  • VGA出力
  • PS/2キーボード端子
  • Palcomキーボード端子
  • ジョイポートB
  • ジョイポートA
  • MMCカードスロット

似非MSXの各パート

機能実現方法
CPU現在は本物のZ80を利用
メモリSRAMを使用
VDP似非VDP
VRAMSRAMを使用
サウンド(PSG)つじかわさんの似非PLDのページを参照
サウンド(SCC)つじかわさんの似非PLDのページを参照
サウンド(FM音源)VM2413のページを参照

リンク

  • [1]もう20年以上前です

最終更新時間:2004年08月19日 14時50分46秒

esemsxsys2.jpg